FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
店頭レリーフパネル製作中!
現在、職人で本店1階店頭に設置する飾りレリーフパネルを製作しています。
本来であればちょうど一年前、
本社ビルリニューアルオープンの際に完成しているはずでした。

若林のお付き合いのある職人さんの中から、それぞれの技術がわかるように
一つずつレリーフパーツを仕上げてもらっています。
デザインの原案は、弊社ビルデザインを手がけたベルベッタデザインの長谷川喜美さん。
製作部のKさんには、職人さんとの間で細かい打ち合わせをしてもらっています。

20181211084018a01.jpeg

彫刻が細かくて美しい!

20181211084015067.jpeg

201812110840160a6.jpeg

20181211084019e98.jpeg

年内に取り付け予定なのですが、未だ製作途中。
本日、東京からベースの化粧板パネルが届くはず…しかし私は出張でおりません^^;

木地、彫刻、漆、蝋色、金箔、彩色、蒔絵、かざり金具、金属鋳物、表具など
京都仏具職人の分業は日本でも唯一の種類と規模を誇ります。
もちろん技術も世界一です。

これをどうやってわかりやすく表現し、世界に広めていったらいいのか。

今回の発想は、さすがの空間デザイナー長谷川さんですが、
具体的にプロダクトデザイナーや建築士さんに技術の使い方をイメージしてもらわないと
実際に作品として、また現場において使っていただくことができません。

京都は技術自体を外に出して来なかったので致し方ないのですが、
国内で職人といえば高岡であったり、輪島であったり、燕三条であったりと
必ず出てくるところが決まってしまっています。

そこへ「京都にもこんな技術があるのですよ」と申し上げていきたいのです。
もちろん量産製作と一品製作との違いはありますが、
そこはうまく使っていただくことによってより良いプロダクトが実現できます。


ということで、パネルが完成しましたらここでも発表いたします。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.