FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201903
何のために?
仕事って何のためにやるのでしょう。

目的と手段をはき違える場合が多いのがこの「何のために?」というところです。
もちろん、生きていくため、とか、お金を稼ぐためなどということも
間違ってはいないと思います。

しかし、人間が本当に望んでいるのは何でしょう?
「幸せになりたい」というのが最終的に望む姿なのではないでしょうか。

弊社の経営理念は
「関わる全ての人々の幸せと心のやすらぎを追求する」というものです。
ここがすべての判断基準になります。

そこで、松下幸之助さんのお話です。


理念がすべて

夢見ることをやめた時、人は生きることをやめた時です。
松下幸之助は「失敗から学ぶことが出来れば、その失敗は成功なのだ」
と言っています。
また「事業の成功と失敗の境目は、その人の人間性によるものだ」とも言っています。
経営理念の重要性が叫ばれる所以です。
さらに「経営理念が確立した時に、その人の事業は半分成功した」
と言っていました。


結局、最後に残るのはその人の持つ「人間性」なのだということは
私も強く感じます。
そしてその人間性から理念は生まれて来ます。

どんなに優れた人でも、どんなに有名な人でも、人間性に疑問のある人は
事業として長く継続して発展していくことはありません。
若林は素晴らしい従業員さん、職人さんをはじめとする関係の方々に
恵まれています。若林の宝物ですね。
そして、そこからは素晴らしいお客様とのご縁、関係が築かれます。

何のために働くのか、何のために会社が存在するのか。
やっぱり理念を大切にして行動することが大切だと思う今日この頃です。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.