FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201907
Kanamono Art完成!
製作を進めてきたKanamono Artが完成しました。

以前にもこのブログでお伝えしましたが、
これは、弊社がお付き合いしている内田喜基さんの作品です。

今回、お願いしたのは弊社の彫金職人さんと鋳物職人さん。


一つは彫金の「蜘蛛」

20190327015857346.jpeg

20190327015859a26.jpeg

彫金というのは、いつもは銅板の錺(かざり)金具に対して
唐草模様や魚々子(ななこ)という“つぶつぶ”を彫っていく作業が多いのです。

今回は、決められた形の数種類の“カナモノ”をデザインによって配列された
元の絵があり、それを忠実に彫っていくという作業です。
恐ろしいくらい完成度の高い作品だと思います。


先日、着色職人さんの工房に関係者皆さんが立ち会って、
この銅板への色付け(酸による自然加工)の最終確認を行いました。
仏具の仕上げとは程遠いアーティスティック感覚なのですが、とてもいい感じです。


もう一つは鋳物の「蛾」

20190327015855dfb.jpeg

20190327015856d5b.jpeg

型からシリコンをとって「蝋型」を製作し、そこに“化石”風に台をつけてあります。
何とも不思議な作品ですが、どうやって作ってあるのかは
おそらく一目ではわからないでしょうね。
これも、仏具の仕上げとは全く質の違うかなりのアート感覚ですが、
さすが蝋型鋳造職人さんという感じです。


彫金職人のSさんと、鋳物職人のYさんが
その素晴らしい技で製作してくれたこの「蜘蛛」と「蛾」。
何と5月のニューヨークでのギャラリーに展示されることになりました!!


他にも全国でさまざまな技術を使った興味深いKanazono Art作品がありますが、
機会があれば紹介したいと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.