FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
有田焼からのご見学
佐賀県の有田・伊万里・波佐見という産地があります。

この度、その地域のプロデューサー、および原材料である陶土を生産されている方に
京都へお越しいただきました。

有田焼とは、佐賀県有田町周辺(旧:肥前国)の地域で焼かれた「磁器」の総称。
日本における磁器の起源となっていて、2016年に400年という大きな節目を
迎えられています。


当時、有田に定住した朝鮮半島の陶工たちが陶器の製法に磨きをかけ、
さらに有名な柿右衛門らが色絵磁器を生み出し、技術が進化したということ。
その芸術性の高さから、東インド会社が買い付けるようになるのですが、
これらの「有田焼」を伊万里の港から輸出していたので、「伊万里焼」と
呼ばれるようになったということです。

「陶石」と呼ばれる粘土の土を用いて作られる「磁器」は、高品質の原材料が
あったからこそ生まれた製品なのですね。


さて、2日間にわたって京都の仏具職人をご案内したわけですが、
さすが、職人さんの土地からいらっしゃった方々だけに、目が違います。

!cid_56F1D3CF-AE6E-4662-9F2D-A4093B40501E.jpg

!cid_DB8D5029-C2E2-41C2-9204-DB4188F9F4F4.jpg

!cid_35AE92C6-0C7E-41A7-86F7-4BBC83458901.jpg

!cid_4187AA28-E40E-4CC5-A60C-A182C67A9E2E.jpg

また、来られたこの陶土やさんは、最近、型を作る「型製造」、
廃業した窯元を引き継いで「窯元」も始められていて、総合的にオリジナル製品を創れる状況にあります。

もともと焼物の世界も、商社を含めた分業であり、その工程を統括されることは現在まではまずありません。

新規チャレンジをしているもの同士、話が通じるところが多いです。
有り難いことです。


若林の新規事業チャレンジに“敏腕プロデューサー”が付いているように、
この有田・伊万里にもこんなにも優秀なプロデューサーがいらっしゃいます。


これから何かの形で絡んでいければいいと思いますが、
まずはお越しいただいたことに感謝し、お互いの発展を念じたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.