FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
クリエイター物件進行中!
現在、秋に向けて「デザイナーズ仏壇」が進行しています。

これには6名のクリエイターにわっていただいており、
それぞれ建築家、アーティスト、プロダクトデザイナーなどなど
専門の方々に参加していただいています。

!cid_71BCD025-6496-4BFE-B341-AA4E6381385D.jpg

!cid_3943BF4C-42AD-423C-8F01-6372D4D144F7.jpg

40才代の若手の方々が中心で、著名な方もいらっしゃいます。

その他にもさまざまなプロジェクトが進行していて、
デザイナーズ仏壇はもちろんですが、京都の職人を見学された
“副産物”として、その他の製作のご依頼も出てきています。
やはり京都の技術はクリエイターさんの心をくすぐるのですね。

!cid_EE15A84D-22E9-4681-824C-8843E1C75EC7.jpg
(某アーティストとの火の鳥の製作打ち合わせです)

ここで目的やコンセプトを述べるのは控えますが、
京都の仏具職人さんの技術を、この先どのように応用、転用していくのか、
これがとても大切な考え方だと思います。

!cid_82426B08-C1CB-4F25-8125-D1FC90FAEED4.jpg
(色漆、彩色等、装飾の打ち合わせです)

京都の仏具店は、お寺さんと密接な関係があり、
今後のお寺さんの動向によっては事業の方針変更を迫られることも出てくるでしょう。

…とまではいかなくても、
先述の京都の素晴らしい職人さん技を世界へ紹介していくには
どのような仕掛けが必要なのか、最近常に考えています。

日本国内では、漆といえば「輪島」、金属なら「高岡」などと
言われることが多いようですが、これは早くから危機感を感じられて
動いてこられた結果だと思います。
メディアへのPRも上手です。

京都は土地柄、いい意味でも悪い意味でも、
自らをそのままさらけ出せない(出さない)ところがあると思います。

しかし、これからは各企業やお店がそれぞれに新たなチャレンジをし続け、
その情報を共有していかないと、
この先の京仏具職人さんの技術の発展、展開は望めないと思うのです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.