FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
ゴルフ部の新入生歓迎会!
同志社大学体育会ゴルフ部の「新入生歓迎会」がありました。

いわゆる”新歓コンパ”です。
私は今回、OB・OG会のお役目として出席させていただきました。
大学1年生というと17才~18才ですから本当に初々しい!

!cid_CFC7ACB9-0DF3-4BF6-B20A-17859E26DD95.jpg

!cid_2E284CEA-2BBF-4A38-BD48-953F9F76C6B8.jpg

私達の時代(三十数年前)は、とにかく先輩が”絶対者”でしたから
従わないということはあり得ません。
とにかく厳しく扱われたという印象があります。
もちろん今はかなり上下関係もソフトになってきたと感じます。

誤解を恐れずに言うと、
当時、体育会は恐れを植え付けるところではないかとさえ感じていました。
ゴルフ部はまだマシな方だったとは思いますが…

今だったら”パワハラ”で大問題となりますね。
不思議なもので卒業後は笑い話になることが多いのですが。


さて、本年は男子5名、女子5名の計10名が入部しました。
スポーツ推薦入学を含め、経験者(今どきは小学生からやってる子が多い)
も多く、個人戦も団体戦も試合は期待できるのではないかと思います。

最近はジュニアゴルフ経験者として、ゴルフだけを目的として入学させる学校も
多いと思います。その人たちが学校から優遇される話も聞きます。
よほどの気持ちが強かったらいいのですが、大学にいるのに授業には出なくていい
という環境がいいとは全く思いません。
ましてやプロの養成所でもありません。

アメリカの大学では、成績が悪いと試合に出してもらえません。
しかし、それが学生としては当たり前のような気もします。


さて、同志社大学体育会ゴルフ部は現在日本一を目指して練習に励んでいます。

監督はプロゴルファーでもある長田敬市先輩。
コーチは男子がシニアツアーで活躍中の水巻善典プロ、女子は小田美岐プロ。
いずれも一流の選手の方々です。

指導者に恵まれた環境では、やった人は必ず伸びていきます。
ゴルフの上達は、詰まるところ練習するかしないかなのです。

4年間ゴルフ部にいて、良いスコアを出せないとすれば、
それは練習していないから!としかいいようがありません。

あっという間の学生生活の中で、ゴルフ部を選んだ新入生諸君には
さまざまな誘惑はあるとは思いますが、まずは勉強、そしてゴルフに精一杯
打ち込んでいただきたいと思います。


がんばれ同志社ゴルフ部!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.