FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
国立京都国際会館の再発見!
私と同い年の「国立京都国際会館」。

宝ヶ池のほとり、当時“超ド田舎”に建てられたこの国際的な建物は、
当時からモダンすぎる建築物として有名でした。
テレビの「ウルトラセブン」にも出てきた記憶があります。

私の実家は南へひと山越えたところ、そして高校がこの近くだったため、
日々当たり前のように存在していました。

本日、ここでのイベントの打ち合わせがあり、久々に入館して参りました。
JCの現役時代は1月の“京都会議”で大変お世話になった場所でもあります。


国立京都国際会館は1966年5月、
日本における最初の本格的な国際会議場として創設されました。
設計については、わが国では初めてとなる公開設計競技方式(コンペ方式)が採用され、
195の応募作品の中から、大谷幸夫氏の作品が最優秀作品に選定されました。

その後、プレスセンター及びイベントホールの新設、アネックス、ニューホールの
建設等、施設の一層の拡充が図られました。

恵まれた自然環境の中にあって、国際会館は日本の伝統様式をモチーフとした
近代建築美を誇り、同時に先端の技術と機能を具備し、
今日なお、世界に冠たる国際会議場として高い評価を得ています。

約68度に傾斜した鉄筋コンクリートの壁や柱と水平の梁が幾重にも重なり合い、
台形と逆台形の空間の組み合わせで構成された力強い建物。
そして宝ヶ池を借景にした美しい日本庭園。
比叡山を背にし、穏やかな山間いに佇む国立京都国際会館は
「古都京都と周辺の自然環境への照応」、「人は自然の中に集い話し合う」という
コンセプトのもと、建築家大谷幸夫によって設計されました。
また、家具や室内装飾の多くは、インテリアデザイナー剣持勇の作品です。
(サイトより抜粋)


本日は人が少なかったので、あちこち写真を撮らせていただきました。
(メインホールは真っ暗だったので、撮っていません)

!cid_FC806FDB-C49F-4EE1-A11C-AB88D32EE3F7.jpg

!cid_55AE6E7F-F3B9-47F3-B712-018218B742B2.jpg

!cid_0189AE4D-D09F-45BC-B524-FD7CC472E5DF.jpg

!cid_836ECE30-C428-46CC-A5AF-559A91C6A1D6.jpg

!cid_B8E2CFFE-14AF-4110-9111-6CE1C7F8F93C.jpg

!cid_DD87EB87-96C2-4C54-8E0F-0C6961A1876A.jpg

!cid_FE61929C-2C4F-4522-955A-076EF549ADD4.jpg

!cid_8A9C887F-2ACD-4519-9013-48494EF78CC0.jpg

!cid_6BEBC634-7D3D-4552-A430-97E1CDE6B329.jpg

!cid_4BF37A38-04DE-4739-AE5D-72FAEAB9EDBF.jpg

あらためて意識して見てみると、
とても素晴らしいモダン建築であることがよくわかります。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.