FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
幢幡吊り作業完了!
総本山知恩院さん御影堂の納入作業が大詰めを迎えています。


中央、法然上人の宮殿・須弥壇は、文化財修理として若林工芸舎が担当させていただきました。
その他文化財としては内装漆箔修理工事を施工。

文化財指定外の荘厳具は厨子、机、天蓋、額など多岐に渡ります。
この荘厳具修復は、安藤さん、大西さんと3社で施工しています。


そして、今回最大の新調荘厳具が「幢幡(どうばん)」です。

内陣左右の天井から吊り下がっていて、総高さは20.5尺
6メートルを優に超える日本一(ということは世界一!)大きな「幢幡」です。

!cid_AE609A8D-789E-4D3B-9A6F-D4141F1909A6.jpg
(中央は修復の人天蓋です)

!cid_2E77FB39-F131-467F-A13F-03320A37F996.jpg


「仏具大辞典」によると「幢幡」とは…

もともと、天蓋の六方ないし八方から垂らした幡(はた)のことをさしている。
(幡は仏殿内の柱や天蓋にかけたり堂外の庭に立て飾った、仏菩薩を荘厳したもの)
現在の幢幡の形制とあわせて考えると、この天蓋とそれに付属する大幡が一体のものとなり、
現在の形に発展したものと思える。

とあります。

!cid_DDF14802-539A-48D0-8D58-52A433582F92.jpg

!cid_567663AF-2C88-4F91-B3B1-342798F0C906.jpg


日本には大きな寺院の本堂、仏殿が多く存在しますが、
この国宝である御影堂(みえいどう)は京都の御本山の中でも最大級です。

中央に開祖、法然上人の巨大な宮殿・須弥壇。
脇壇には家康、母 伝通院、息子 秀忠の厨子を始め、活躍された僧侶の厨子もあります。
江戸初期のさすがは徳川家!と感じる荘厳が施されている内陣といえます。

その歴史の中に今回、若林が製作した「幢幡」を新たに
納めさせていただいたわけですから、大変名誉なことだと思います。


吊り元金具は、重量保持のため、天井上の小屋組の梁に巻き付けてあります。


納品を主導してくれている工芸舎、製作部メンバーの皆さんありがとうございます。
引き続き納品終了まで気合いを入れていきましょう。ご安全に!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.