FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
大晦日に当たって。
令和元年が終わろうとしています。
本年1年間お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。

若林の社長としての令和元年は、新規事業部長のようでした。
これでいいのか?と常に自分自身に問いながら日々を過ごしていました。
社長が慌ただしく動くのはいいのですが、
俯瞰して、大きな視点で会社を見られているのか。


日本はお正月という素晴らしい風習のある国です。
元日には、心機一転!新しい年が始まります。

世間が一斉に休日になることもあり、仕事の連絡はありません。
ここがキーポイントかも知れません。

では、お正月に関する記述を見てみると…

お正月には、素晴らしい1年を過ごすために、
古くから「歳(年)神様(としがみさま)をお迎えする」という習わしがあります。
「歳神様」は、正月に家に訪れ、あなたや家族を守ってくれる神様なのです。

歳神とは1年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実るように、
また、家族みんなが元気で暮らせるよう約束をしてくれる神様です。
正月に門松やしめ飾り、鏡餅を飾るのは、すべて歳神様を歓迎するためです。

ということなのですが、
最近は簡素化で、門松はもちろん、しめ飾りを見ることも少なくなってきました。
鏡餅はパック入りで人間様のためになっていますね(笑)


来年は私にとってかなり気合いのいる年になりそうです。
社長とは何なのか、どう考え行動するべきなのか、問い直す機会になると思います。

皆様のご指導をよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.