FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
卯兵衛さんの対談
京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)が発行する冊子に
このセンター所長である、千玄室 裏千家大宗匠と弊社相談役の卯兵衛氏の
対談が掲載されています。

77B9D96E-64A7-4EC5-A139-23D7A66D7EBE.jpeg

大宗匠は今年で97歳!
時々会合でお見受けしますが、本当なのか??と思うくらい元気なお姿です。

さて、内容については雑談形式で進んでいますが、
京都人のDNAについてのやりとりは興味深い内容でした。

6BCD6BEF-8D1E-425A-969A-F719DAE5BCDE.jpeg

ぶぶ漬けの話。

京都では、日中お家に訪問していてお茶漬け(ぶぶ漬け)でもどうですか?
と言われると、そろそろ帰ってほしいというサインであると言われます。

この「ぶぶ」とは何かというと、

「ぶぶ」とはお茶や湯を表す言葉で、熱い湯茶を吹く息の擬声語にもとづく。
祗園花街で「茶を挽く(芸者が暇なこと)」ことを忌み、
「お茶」を避けて「オブ」「ブブ」と言うようになった。

とあります。

それにしても、帰ってほしいということを、
いきなり「ぶぶ漬けでもどうですか?」などと言うのでしょうか?

卯兵衛さんの話を一部抜粋すると、
京町家で有名な杉本家のお嬢さんの話として、

昔は商家の大きい家ほど、昼飯が軽かった。
奥の方にお母さん(奥さん)がいて、お茶漬け的なものを作ることもあった。
ぼちぼち作る時間になったところで、たまたま来ていた近所の奥さん達に
普通に「ぶぶ漬け作るけどどうや?」と問うたところ、
「もうこんな時間になっている。自分もはよ帰って番頭さんや丁稚さんの
ご飯を作らなあかん」ということで、慌てて帰るという状況があった。

その時は“いけず”な思いではなく、
普通に「一緒に食べて行かへんか?」という思いのやりとりだったのでしょう。

それが
ストレートに言わない“いけず”な京都人を表す例えになってしまったのです。


確かに京都人は、あまりハッキリと言いたいそのものを表現しない傾向があります。
何となく、自分の発言に逃げ道を作っているところもあります。
永く培ってきた歴史、京都の土地柄も関係しているのでしょうね。

しかし今の世代は、時には思いをストレートに述べないとならない場面もあります。

京都人の粋なところは残しつつ、自分も会社も変わっていきたいものです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.