FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
枠にとらわれない

なぜか、ふとした時に入ってくる言葉があります。

私自身は図らずも必要な言葉に出会うことが多いです。

今回も幸之助さんの言葉が入ってきましたので、ここでご紹介します。

 

 

最近感じるのは、枠にとらわれている人が多いということ。

枠にとらわれる… 固定した価値観や考え方などに拘束される、とあります。

 

もちろん、悪いと言っているわけではなく、

それだけ長年、やり方を変えなくてもよかったということで幸せな状況だったのです。

 

しかし、今は違います。

新たな変化について来れない、理解しようとしない人はどうなるでしょう。

社会の変化は実はこれからが本番です。

 

 

 

枠にとらわれず

 

私たちは仕事を進めていく際に、

ともすれば自分で自分の枠を決めてしまってはいないか。

たとえば、ラジオのデザインにしても、元来、デザインは固定したものでないのだから、

三角でも円でもよいはずなのに、ほとんど箱型である。

このことに限らず、不思議なことに人間は自ら枠をつくり、

その中に入ってしまうという悪い傾向がある。

これも自己を保有する一つの行き方かもしれないが、

窮屈な枠の中で窮屈なものの考え方をしていては、心の働きも鈍くなり、

自由自在なよい智恵が出てくるものではない。

ものにはいろいろな見方がある。時と場合に応じて自在に変えねばならない。

そこにこそ発展が生まれるのである。

 

松下幸之助

 

 

 

考え方を変えるにはどうしたらいいでしょうか。

まずは、変わろう!と強く念じることだと思います。

 

新たな動きに対して対応しようとしなくなっているとすれば、

それは人間としての進化がすでに止まってしまっている証拠です。

 

今、変化ができない会社はなくなります。

 

関わる人々の幸せを考えながら変化させていくことは容易ではありません。

しばらくは頭を悩ませる日々が続くと思います。

 

 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.