FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
定朝忌2012
仏師(仏像彫刻師)定朝(じょうちょう)の955回忌法要がありました。

場所はいつもの千本「上品 蓮臺寺」様。

jyoutyouki2012.jpg

以下、このブログでも紹介しました内容です。

定朝は、大仏師・小仏師などの制度を整備したといわれ、
後に、仏師の世襲や流派が次第に定まっていきました。

もともと、寺院に所属して仏像を彫ってきた仏師が、
独立した工房を設けて、弟子たちとともに多くの仏像を製作するという
システムを造り上げたのがこの定朝です。

定朝の作った「七条仏所」には、関連する職人さんも近くにいたといわれ、
きわめて大規模であったといわれています。

代表作は宇治平等院「鳳凰堂」の「阿弥陀如来座像」ですが、
漆塗りや金箔押し、彩色の技術は当時から素晴らしいものであったと
うかがうことが出来ます。


はるか平安時代に今の仏像彫刻や、仏具製作の基礎を築いたと言われる定朝さん。

京都の、いや、日本の宗教用具の基礎を築いた人物と言っても
過言ではないでしょう。

もう少し重く扱われてもいいと思うのですが…


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.